クラフトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

クラフト

「クラフトを楽しむ」などのように使う「クラフト」という言葉。

英語では「craft」と表記します。

「クラフト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「クラフト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

クラフトの意味

「クラフト」には次の意味があります。

手工芸品。民芸品。工芸品。(出典:デジタル大辞泉)

「クラフト」は、手作りされた品物を広く表す言葉です。
英語のcraftは「技能」や「手芸」を意味するため、「クラフトを楽しむ」のように「手作りすること」という意味で使う場合もあります。
なお、「クラフト紙」の略語として「クラフト」という場合、英語では「kraft」と表記します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ぺーパークラフトの教室を始めて、もう二十年になるだろうか。
(出典:中井英夫『とらんぷ譚』)

・今日はクラフト作りじゃなく、ばあちゃんのラジオのノイズを、直してもらう約束だ。
(出典:青『空色の冒険』)

・あるデパートが催したクラフト展の会場で、彼は手鏡を一つ買った。
(出典:赤江瀑『八雲が殺した』)

・工業デザイン、クラフトについても多くの著書がある。
(出典:鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』)

・二階は画材を中心にして書道の道具やクラフト用品などがそろっているフロアなのだが、それにしても、この売り場から入口近くの階段を上がっていくお客さんを見ていて、しかもそれを憶えているなんて、まったく驚きである。
(出典:雫井脩介『クローズド・ノート』)

類語

手工芸(しゅこうげい)
意味:手先による工芸。(出典:デジタル大辞泉)

民芸品(みんげいひん)
意味:一般民衆の生活の中から生まれた、その地方独特の手工芸品。(出典:デジタル大辞泉)

工芸品(こうげいひん)
意味:工芸によって制作された作品。漆器・陶磁器・染織品・木工品など。(出典:デジタル大辞泉)

工芸(こうげい)
意味:工作や製造に関する技術。(出典:デジタル大辞泉)

細工(さいく)
意味:手先を使って細かい器物などを作ること。また、作ったもの。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました