クラウドソーシングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

クラウドソーシング

「クラウドソーシングを使用する。」などのように使う「クラウドソーシング」という言葉。

英語では「crowdsourcing」と表記します。

「クラウドソーシング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「クラウドソーシング」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

クラウドソーシングの意味

「クラウドソーシング」には次の意味があります。

インターネット上で不特定多数の人材に対して業務内容と報酬を提示し、仕事を発注する手法。(出典:デジタル大辞泉)

クラウドソーシングは「クラウド(=大衆)」と「アウトソーシング(=外部委託)」からの造語です。
社外から効率よく人材を募集することができるという利点があります。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

クラウドソーシングの使い方・例文

クラウドソーシングを利用し良い人材を募る。

クラウドソーシングで仕事を受注する。

クラウドソーシングを使用し、効率よく仕事ができた。

スポンサーリンク

類語

大衆(たいしゅう)
意味:多くの人。多衆。(出典:デジタル大辞泉)

アウトソーシング
意味:社外から生産に必要な部品・製品を調達したり、業務の一部を一括して他企業に請け負わせる経営手法。(出典:デジタル大辞泉)

クラウド
意味:インターネット上の複数のサーバーを利用して,ソフトウェア,データベースなどの厖大な資源を活用するサービス。クラウド・コンピューティングとも呼ばれる。(出典:百科事典マイペディア)

タイトルとURLをコピーしました