ギークとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ギーク

「ギークな人」などのように使う「ギーク」という言葉。

英語では「geek」と表記します。

「ギーク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ギーク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ギークの意味

「ギーク」には次の意味があります。

あることに熱中している人。特に、コンピューターやインターネットについて、マニアックな技術や知識を有する人。(出典:デジタル大辞泉)

内向的な人間を表すスラング表現ですが、ナードより肯定的な意味で使われる場合が多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・文化系の事柄に傾倒している人をギークと呼んだ。

・社会的な組み分けで言うとギークに当てはまる。

ギークな人という意味は良い意味でも使用される。

・英語圏で言うギークやナードはオタクとして扱われる。

・ゲーマーやプログラマー、ギークから人気がある。

類語

愛好(あいこう)
意味:その事が好きで楽しむこと。(出典:デジタル大辞泉)

ファン
意味:スポーツや芸能、また選手・チーム・芸能人などの、熱心な支持者や愛好者。ひいき。(出典:デジタル大辞泉)

マニア
意味:ある物事に熱中している人。(出典:デジタル大辞泉)

オタク
意味:ある事に過度に熱中し、詳しい知識をもっていること。また、そのような人。(出典:デジタル大辞泉)

信者(しんじゃ)
意味:ある人物に傾倒して、その言説・思想などを熱心に信奉する人。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました