キャッチアップとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

キャッチアップ

「欠席したため、キャッチアップする必要がある」などのように使う「キャッチアップ」という言葉。

英語では「catch up」と表記します。

「キャッチアップ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「キャッチアップ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

キャッチアップの意味

「キャッチアップ」には次の意味があります。

追いつくこと。遅れを取り戻そうとすること。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネス用語として、欠席した会議の議事録を事後になって読むことをキャッチアップという場合もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・昨日まで長期休暇を取っていたため、今日からキャッチアップをする必要がある。

・この業界は新規参入が多いため、日頃からキャッチアップを怠ってはいけない。

・後輩にキャッチアップされないよう頑張らないといけない。

スポンサーリンク

類語

ビハインド
意味:得点をリードされていること。(出典:デジタル大辞泉)

追尾(ついび)
意味:あとをつけて行くこと。(出典:デジタル大辞泉)

追走(ついそう)
意味:あとを追って走ること。(出典:デジタル大辞泉)

追跡(ついせき)
意味:逃げる者のあとを追いかけること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました