カメオ出演とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

カメオ出演

「映画にカメオ出演する」などのように使う「カメオ出演」という言葉。

「カメオ出演」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「カメオ出演」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

カメオ出演の意味

「カメオ出演」には次の意味があります。

映画や演劇などで、短い時間で強い印象を与える登場のしかた。多く、大物俳優や著名人が端役で出演する場合にいう。(出典:デジタル大辞泉)

主要キャストとは別に、ストーリーのほんのワンシーンに脇役として有名人を起用することで、そのシーンをより際立たせるためであったり、その作品全体の話題性を上げるためなど、演出の一つとして取り入れられます。
出演するのは映画や演劇界で有名な俳優の場合もあれば、俳優経験を問わず、その時話題になっている人が起用される、といったこともあります。
作品によっては公開前の発表でカメオ出演が伏せられていることもあり、誰がどのシーンに出演してるのか、それに気づけるか、を観賞者が楽しめるよう仕組まれている場合があります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・でもまあ、カメオ出演みたいに一瞬だけチラッと映るのはいいかもね。
(出典:谷川流『2 涼宮ハルヒの溜息』)

・本人役でカメオ出演している。

・数秒間だけのカメオ出演をした。

・主題歌を歌った歌手が、映画本編にカメオ出演している。

・あの有名な俳優さんが、この作品にカメオ出演してくれるなんて。

類語

友情出演(ゆうじょうしゅつえん)
意味:演劇や映画などで、出演者やスタッフが自分の友人に頼んで出演してもらうこと。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

特別出演(とくべつしゅつえん)
意味:映画や演劇などで、特別に頼んで出演してもらうこと。また、その人。多く、主役格の大物俳優に脇役を依頼する場合についていう。(出典:デジタル大辞泉)

ゲスト
意味:ラジオ、テレビなどの番組で、ふだん出演している人々(レギュラーメンバー)以外の特別出演者。ゲストメンバー。客員。客演者。(出典:精選版 日本国語大辞典)

脇役(わきやく)
意味:映画・演劇などで、主役を助け、引き立たせる演技をする役。また、その人。わき。(出典:デジタル大辞泉)

エキストラ
意味:映画や演劇で、群集などの端役を演ずる、臨時雇の出演者。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました