オワコンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オワコン

「このコンテンツは、オワコンだ。」などのように使う「オワコン」という言葉。

「オワコン」は「終わったコンテンツ」の略語です。

「オワコン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オワコン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オワコンの意味

「オワコン」には次の意味があります。

俗に、流行を過ぎた商品やサービス。(出典:デジタル大辞泉)

「オワコン」とは、「時代が終わった、流行が終わったコンテンツ」の意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

オワコンという言葉すら、オワコンなのかもしれない。

・2000年代初期に大流行したゲームだが、2020年代には完全にオワコンになってしまった。

オワコンの正式名称は、「終わったコンテンツ」だ。

・一時期オワコンになったゲーム機も、またリバイバルで人気が出ている。

類語

レガシー
意味:時代遅れのもの。(出典:デジタル大辞泉)

前時代的(ぜんじだいてき)
意味:一つ前の時代のように古めかしいさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました