エンゲージリングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エンゲージリング

「ダイヤのエンゲージリング」などのように使う「エンゲージリング」という言葉。

英語では「engage ring」と表記します。

「エンゲージリング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「エンゲージリング」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エンゲージリングの意味

「エンゲージリング」には次の意味があります。

婚約指輪。婚約の際,男性からその婚約者に贈られる。ダイヤモンド1個入りのもので,左手第4指にはめるのが習慣である。(出典:百科事典マイペディア)

古代ローマの風習が元になったものです。古代ローマでは、約束を果たすことを誓約するしるしでした。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そして、エンゲージリングではなく、二人は厚い旧新約聖書を交換した。
(出典:三浦綾子『塩狩峠 道ありき』)

・冷やかしだけでエンゲージリングをいくつも手に取る客は少ない。
(出典:東野圭吾『幻夜』)

・なぜなら、それはエンゲージリングでもマリッジリングでもないのですから。
(出典:梅田みか『愛人の掟3』)

・すごいエンゲージリングしていてね、あんな大きなダイヤ、見たことないわ。
(出典:林真理子『ロストワールド』)

・自殺したはずの匠が、恋人にエンゲージリングを用意する。
(出典:神永学『コンダクター』)

類語

マリッジリング
意味:結婚のしるしとして新郎新婦が取り交わす指輪。左の薬指にはめることが多い。(出典:デジタル大辞泉)

婚約こんやく
意味:結婚の約束。当事者間の合意により成立。(出典:百科事典マイペディア)

契るちぎる
意味:夫婦の約束を結ぶ。(出典:デジタル大辞泉)

許嫁いいなずけ
意味:幼少時に家と家とで将来の結婚を約束した間柄,特にその女性のこと(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

偕老同穴かいろうどうけつ
意味:生きてはともに老い、死んでは同じ穴に葬られること。夫婦が、最後まで連れそいとげること。夫婦の契りのかたいことのたとえ。(出典:四字熟語を知る辞典)

タイトルとURLをコピーしました