エゴサーチとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エゴサーチ

「ネットでエゴサーチする」などのように使う「エゴサーチ」という言葉。

「エゴサーチ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「エゴサーチ」の意味や使い方や類語について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エゴサーチの意味

「エゴサーチ」には次の意味があります。

自分の名前やハンドルネーム、サイト名、社名などをサーチエンジンで検索し、他者による評価を調べる行為。エゴサーフィン。(出典:デジタル大辞泉)

「エゴサーチ」をわかりやすく言えば「自分の評判を調べること」という意味です。
「エゴ」はラテン語で「自己」を意味する「ego」、「サーチ」は英語で「調べる・検索する」を意味する「search」に由来する造語です。
「エゴサーフィン」や「エゴサ」と言うこともあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

エゴサーチをしたせいで、ひどく傷ついた。

エゴサーチの結果、新商品の評判はまずまずだった。

・自分の名前をエゴサーチしたせいで、一日気分が悪かった。

スポンサーリンク

類語

エゴサーフィン
意味:エゴサーチ。(出典:デジタル大辞泉)

リサーチ
意味:調査。研究。(出典:デジタル大辞泉)

検索(けんさく)
意味:調べて探しだすこと。特に、文献・カード・ファイル・データベース・インターネットなどの中から必要な情報を探すこと。(出典:デジタル大辞泉)

サーチエンジン
意味:インターネット上で目的とするウェブページや情報などを検索するためのシステムの総称。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました