エグゼクティブとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エグゼクティブ

「エグゼクティブの役職に就く。」などのように使う「エグゼクティブ」という言葉。

英語では「executive」と表記します。

「エグゼクティブ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「エグゼクティブ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エグゼクティブの意味

「エグゼクティブ」には次の意味があります。

・企業の中で上級管理職についている人。経営幹部。重役。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「エグゼクティブ」という言葉は、ビジネスシーンで使用されます。最高経営責任者を英語で意味する「CEO」は「Chief Executive Officer」の略で、「executive」が使用されていることが分かります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・アメリカのエグゼクティブでストレスを抱えてる連中はみんなやってますよ。
(出典:吉村達也『南太平洋殺人事件』)

・エコノミーの客だと有料のレストランが、エグゼクティブだと無料になる。船内のどの施設でも、エグゼクティブが優先される。
(出典:田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿4 クレオパトラの葬送』)

・普通席よりは幾分楽なエグゼクティブという席で行ったが、それでももう心の中は幸せで一杯であった。
(出典:胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇2 ゴンドラの花嫁』)

・この一握りの男たちがエグゼクティブと称され、GMの権力の象徴ともいえる十四階に執務室を構えている。
(出典:佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』)

類語

・重役(じゅうやく)
意味:責任の重い役目。また、その役目の人。(出典:デジタル大辞泉)

・CEO
意味:最高経営責任者, 会長, 社長(出典:プログレッシブ英和中辞典)

タイトルとURLをコピーしました