エクセルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エクセル

「エクセルで資料を作成する」などのように使う「エクセル」という言葉。

英語では「Excel」と表記します。

「エクセル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「エクセル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エクセルの意味

「エクセル」には次の意味があります。

マイクロソフトオフィスエクセル。(出典:デジタル大辞泉)

マイクロソフトオフィスエクセルは以下の通りの意味になります。
米国マイクロソフト社が開発・販売する表計算ソフト。マイクロソフトエクセル。エクセル。(出典:デジタル大辞泉)
現代のビシネスパーソンのほとんどが、このソフトウェアを使用しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

エクセルの使い方・例文

・龍村は、解剖症例の死因データを統計ソフトに打ち込むために、エクセルのアイコンをダブルクリックした。
(出典:椹野道流『鬼籍通覧3 壷中の天』)

・ワープロとEメールはやりますが、「エクセル」で作表したり表計算したり、あるいは「パワーポイント」でプレゼン用のスライドを作ったり、ドローイング・ツールで絵や写真にイラストを配置してレイアウトするなど、通常、デジタル系に強い人が当たり前にやれることは、何一つできません。
(出典:藤原和博『自分「プレゼン」術』)

・いつも自分たちが運動を終えた後には決まって何かのデータをインプットしているところをみると、おそらくエクセルか何かのソフトでデータを管理しているのだろう。
(出典:楡周平『マリア・プロジェクト』)

エクセルじゃなかったかな。不具合があって、いつもと違う設定になってしまった。
(出典:森博嗣『G 02 θは遊んでくれたよ』)

・マルチプランやのちにマイクロソフトが開発することになる表計算ソフト、エクセルは、Pコードをインタープリターによって実行する構造を持っていた。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

類語

ソフトウェア
意味:コンピュータの、処理の手順を示すプログラムの総称。ソフト。(出典:精選版 日本国語大辞典)

計算(けいさん)
意味:加減乗除など、数式に従って処理し数値を引き出すこと。演算。(出典:デジタル大辞泉)

表計算処理ソフトウェア(ひょうけいさんしょりソフトウェア)
意味:見積書や企画書,報告書などの作成のために作表・計算したり,グラフを作成する機能を持たせたアプリケーションソフトウェア。単に表計算ソフトとも呼ばれる。オフィス文書の作成に欠かせないソフトウェアとなっており,表計算ソフトでは,集計用紙のように縦横に並んだ〈セル〉と呼ぶ区画に文字や数値を入力し,その結果を計算したり図表やグラフにして表示する。代表的な表計算ソフトは,ロータス社の〈1-2-3〉,マイクロソフト社の〈Excel〉など。(出典:百科事典マイペディア)

スプレッドシート
意味:表計算のためのシートのこと。表を用いて、四則演算や関数を用いた計算、データの集計、検索などを行うことを指す。表計算を行うためのソフトウェアのことを表計算ソフト、またはスプレッドシートプログラムという。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

プログラム
意味:コンピュータによって所定の問題を解くとき、コンピュータに与える処理手順を順序よく並べたもの。算譜。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました