インフォームドコンセントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

インフォームドコンセント

「インフォームドコンセントは既に完了している」などのように使う「インフォームドコンセント」という言葉。

英語では「informed consent」と表記します。

「インフォームドコンセント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「インフォームドコンセント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

インフォームドコンセントの意味

「インフォームドコンセント」には次の意味があります。

・手術などに際して、医師があらかじめ病状や治療方針、今後の見通しなどを説明し、患者の同意を得ること。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

医の倫理を呈した「ヒポクラテスの誓い」から、現代へと進化した倫理問題の医師側からの回答である「ヘルシンキ宣言」でこのインフォームドコンセントが成り立ちました。
現在は医療実験などの被験者に対しても行われています。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・大事なのはインフォームドコンセントだ。

インフォームドコンセントが人々の心に根付いたのはそんなに昔の話ではない。

・ある意味インフォームドコンセントは、時間との闘いである病気には最大敵手と言えるのではないだろうか。

・あわよくばそのままインフォームドコンセントも担ってもらいたい。

スポンサーリンク

類語

同意(どうい)
意味:他人の示した意見と同じ意見をもっているということを言動で示すこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・説明(せつめい)

意味:ある事柄が、よくわかるように述べること。(出典:デジタル大辞泉)

・セカンドオピニオン

意味:治療を受けている人が現在の自分の病状や治療方針について主治医以外の医師から意見を求めた際の所見・診断のこと。(出典:百科事典マイペディア)

・解諾(げだく)
意味:インフォームドコンセント。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました