イメージとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

イメージ

「イメージが膨らむ」などのように使う「イメージ」という言葉。

英語では「image」と表記します。

「イメージ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「イメージ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

イメージの意味

「イメージ」には次の意味があります。

心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。心像。形象。印象。また、心の中に思い描くこと。(出典:デジタル大辞泉)

「企業イメージ」であれば、その企業に対して思う印象という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・やっぱりピアノの響きやイメージが残っていたからじゃないでしょうか?
(出典:柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』)

・自分の中での規範の違い、あるいはイメージの違いのようなものである。
(出典:赤瀬川原平『優柔不断術』)

・そんな彼女のイメージが、僕の中で少し変わっていくのがわかった。
(出典:喜多嶋隆『砂にかいたラヴ・レター』)

・小柄で愛らしい少女が彼らの求めてやまない日本女性のイメージである。
(出典:高橋克彦『春信殺人事件』)

・この流れの中で、韓国の中の日本のイメージも、劇的に変わってきた。
(出典:菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』)

類語

印象(いんしょう)
意味:人間の心に対象が与える直接的な感じ。(出典:デジタル大辞泉)

心象(しんしょう)
意味:心の中に描き出される姿・形。(出典:デジタル大辞泉)

表象(ひょうしょう)
意味:象徴。(出典:デジタル大辞泉)

観念(かんねん)
意味:心に残る印象。(出典:デジタル大辞泉)

写象(しゃそう)
意味:心に浮かんでくる具象的な考え。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました