アライアンスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アライアンス

「アライアンスを結ぶ」などのように使う「アライアンス」という言葉。

英語では「alliance」と表記します。

「アライアンス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アライアンス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アライアンスの意味

「アライアンス」には次の意味があります。

連合。提携。同盟。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネス面でもよく使用される「アライアンス」という言葉です。その他には、国際関係においても同盟や連合などで「アライアンス」という言葉がよく使用されます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それには巨大メーカーとのアライアンスが欠かせない。
(出典:佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』)

・それにはトヨタ自身がアライアンスを仕掛けなければならない。 
(出典:佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』)

・現在世界の各航空会社が「アライアンス」を組んでいるが、これも発端となったのは米欧の航空会社間の提携だ。
(出典:谷川一巳『世界の「空港」物語』)

・孫権にばかり負担が大きい不平等な大損同盟であって、げんに陸戦しか出来ない劉備軍団は赤壁の戦いではほとんど役に立っていないのだから、どこの呑気屋でも憤怒湧き起こる片翼だけのアライアンスとなった。
(出典:酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』)

・「アライアンス」勢力図はなお再編があるかもしれない。
(出典:谷川一巳『世界の「空港」物語』)

類語

・連携(れんけい)
意味:互いに連絡をとり協力して物事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・同盟(どうめい)
意味:共通の目的を達成するため、同じ行動をとることを約束すること。(出典:大辞林 第三版)

・連合(れんごう)
意味:二つ以上のものが共通の目的のために結び合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・結盟(けつめい)
意味:誓いを結ぶこと。同盟を結ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

・連盟(れんめい)
意味:共同の目的のために行動をともにする誓いを結ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました