アボカドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アボカド

「エビとアボカドのサラダ」などのように使う「アボカド」という言葉。

英語では「avocado」と表記します。

「アボカド」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アボカド」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アボカドの意味

「アボカド」には次の意味があります。

クスノキ科の常緑高木。熱帯アメリカ原産で、果実を食用とするために栽培される。果実は球形、西洋ナシ形があり、長さ一〇センチメートル内外。(出典:精選版 日本国語大辞典)

わかりやすく言うと、アボカドは「球形や洋ナシ形をした熱帯原産の果物」です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・真うしろには、アボカドの実をつけた木が一本あった。
(出典:モーム/龍口直太郎訳『月と六ペンス』)

・ただ、注文通りにアボカドを買って帰れるとは思えない。
(出典:入間人間『電波女と青春男 第6巻』)

アボカドのような枝の少い木は別にして、マンゴーやアカシヤなど、枝の多い木には、毎日のように登っており、木登りは得意中の得意であった。
(出典:深田祐介『炎熱商人(上)』)

・彼女は、ダイエット・ペプシを飲みながら、カニとアボカドのサラダを食べていた。
(出典:喜多嶋隆『水平線ストーリー』)

・クリスは、食べ終わったゴルー梨の、アボカドの実ほどもある種を、木のそばにある紫色の茨の茂みの主幹に投げつけた。
(出典:アン・マキャフリイ『短編集/塔のなかの姫君』)

スポンサーリンク

類語

鰐梨わになし
意味:アボカド(出典:デジタル大辞泉)

森のバターもりのバター
意味:アボカドのこと。濃厚な味わいや、脂肪分が豊富なことから。(出典:デジタル大辞泉)

熱帯果実ねったいかじつ
意味:熱帯産の果実の総称。(出典:精選版 日本国語大辞典)

不飽和脂肪酸ふほうわしぼうさん
意味:炭化水素基の中に不飽和結合を持つ脂肪酸。(出典:精選版 日本国語大辞典)

クスノキ
意味:関東南部〜九州,東南アジアの暖地にはえるクスノキ科の常緑高木。(出典:百科事典マイペディア)

タイトルとURLをコピーしました