アフィリエイトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アフィリエイト

「アフィリエイトサイトを作る」などのように使う「アフィリエイト」という言葉。

英語では「affiliate」と表記します。

「アフィリエイト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アフィリエイト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アフィリエイトの意味

「アフィリエイト」には次の意味があります。

広告主とインターネット上の媒体を結び付けるマーケティング手法による、インターネット広告のこと。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

「アフィリエイト」は日本語で言うと「成果報酬型広告」です。
「アフィリエイト」では、webサイト上に企業の商品やサービス等の広告を掲載します。
閲覧者がその広告経由で企業のページに行って購入・契約等を行うことで広告を掲載したwebサイト運営者に報酬が発生します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

アフィリエイトでいっぱいのサイトは見る気がしない。

アフィリエイトは以前は怪しいだの危なそうなどのイメージがあったが、事前投資がほとんど必要ない始めやすさから、最近は主婦や学生でもやっている人がいるくらい浸透している。

・明確なターゲティングを行うことがアフィリエイトサイトを作るうえでのポイントの一つだ。

・あからさまなアフィリエイトサイトは検索順位が低くなる傾向にある。

・本業があっても自分のペースでコツコツ続けることができるというのもアフィリエイトの魅力の一つです。

類語

成果報酬型広告(せいかほうしゅうがたこうこく)
意味:インターネット上で利用される広告の方式。広告を通じてユーザーがホームページを訪れ、商品を注文したり資料請求を行なうなど、実際に何らかの成果があった場合に広告料が発生する。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

インターネット広告(いんたあねっとこうこく)
意味:インターネットを利用した広告の総称。ウェブサイトや電子メールを通じて広告を配信したり、ソーシャルメディアを活用したりするマーケティング手法などを指す。(出典:デジタル大辞泉)

リスティング広告(りすてぃんぐこうこく)
意味:インターネットにおいて、ユーザーの検索結果に適合した広告を表示するサービス。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

ウェブ広告(うぇぶこうこく)
意味:「インターネット広告」の別称。(出典:IT用語がわかる辞典)

コンテンツ連動型広告(こんてんつれんどうがたこうこく)
意味:インターネットを利用した広告の一。ウェブサイトやブログの内容(コンテンツ)に関連した商品・サービスの広告を表示する。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました