アテとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アテ

「酒のアテ」などのように使う「アテ」という言葉。

「アテ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アテ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アテの意味

「アテ」には次の意味があります。

・ 酒に添える食べ物。肴(さかな)。つまみ。(出典:デジタル大辞泉)

「アテ」は、近畿地方を中心に使われている言葉で、意味は「肴」や「つまみ」と同じです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・月もきれいだし、酒のアテもうまくてよい気分だ。

・酒好きのあの人には、酒のアテに喜ばれる贈り物を選ぼう。

・部屋に入ると、お酒やアテがたくさん用意されていた。

スポンサーリンク

類語

肴(さかな)
意味:鳥獣の肉や魚介・野菜など、酒・飯に添える副食物の総称。おかず。(出典:デジタル大辞泉)

つまみ
意味:つまんで食べられる簡単な酒の肴(さかな)。つまみもの。おつまみ。(出典:デジタル大辞泉)

酒肴(さけさかな)
意味:酒と、酒のさかな。酒と料理。しゅこう。(出典:デジタル大辞泉)

粗肴(そこう)
意味:粗末な酒のさかな。また、人に勧める料理をへりくだっていう語。(出典:デジタル大辞泉)

祝い肴(いわいざかな)
意味:祝いの膳に用いる、酒の肴。正月料理の場合には、関東では黒豆・数の子・ごまめ、関西では黒豆またはごまめ・数の子・たたきごぼうを用いることが多い。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました