アットホームとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アットホーム

「アットホームな雰囲気の店」などのように使う「アットホーム」という言葉。

英語では「at home」と表記します。

「アットホーム」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アットホーム」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アットホームの意味

「アットホーム」には次の意味があります。

自分の家にいるようにくつろげるさま。(出典:デジタル大辞泉)

「アットホーム」の意味は、「家ではない場所でも、家のような雰囲気がある様子」です。「家庭的」という言葉が日本語では近い意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あれくらい、アットホームに旅を実感できる瞬間が、いつ、どこにあるだろう。
(出典:荻昌弘『大人のままごと』)

・小さなレストランを会場にしたカジュアルで、アットホームな結婚式だった。
(出典:近藤史恵『天使はモップを持って』)

・外観もそうだったが、一歩店に入っても、そのどこか懐かしいアットホームな雰囲気は変わらなかった。
(出典:柴田よしき『ラスト・レース 1986冬物語』)

・そういうアットホームというか狭い世間の学校だから、途中で編入してくる生徒は、それだけで目立った。
(出典:氷室冴子『海がきこえる』)

・非常にアットホームな雰囲気で、そんな温かさがコンサート全般を通じて流れていた。
(出典:柴門ふみ『男性論』)

類語

家庭的(かていてき)
意味:家庭にいるように、うちとけてくつろぐことができるさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました