しか勝たんとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

しか勝たん

「推ししか勝たん」などのように使う「しか勝たん」という言葉。

「しか勝たん」は、訓読みで「しかかたん」と読み、主には若者がSNSなどで使っている表現です。

「しか勝たん」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「しか勝たん」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら
わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

しか勝たんの意味

「しか勝たん」には次の意味があります。

○○が最高! や ○○にまさるものはない

とにかくこれが1番だ!と伝えたい時に使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・やっぱりペットはイッヌしか勝たん
     (犬に勝るものはない)

・ヘアスタイルはポニーテールしか勝たん

・帰宅後は酒しか勝たん

・コーヒーはスターバックスしか勝たん

・君しか勝たん
(女性アイドルグループ日向坂46の5thシングル)

類語

最高(さいこう)
意味:物事の程度が特にいちじるしいこと。
(出典:デジタル大辞泉)

優勝(ゆうしょう)
意味: 力のまさるものが勝つこと。
(出典:デジタル大辞泉)

正義(せいぎ)
意味:正しい釈義。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

チョベリグ(ちょべりぐ)
意味: 「超ベリー・グッド(very good)」の略。
(出典:Weblio 辞書)

極限(きょくげん)
意味:物事の限度ぎりぎりのところ。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました