お笑い芸人とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

お笑い芸人

「お笑い芸人を目指す」などのように使う「お笑い芸人」という言葉。

「お笑い芸人」は、「おわらいげいにん」と読みます。

「お笑い芸人」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「お笑い芸人」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

お笑い芸人の意味

「お笑い芸人」には次の意味があります。

芸人のうち、とくに漫才・漫談・コント・落語などで主に活動している者。お笑いタレント。お笑い。(出典:デジタル大辞泉)

客を笑わす芸人ということで幅広い層に支持される職業です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

お笑い芸人がその言葉を使ったとき、笑い声がテレビから聞こえてきた。
(出典:稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』)

・ブラウン管のなかでは、若手のお笑い芸人が舞台でコントを演じていた。
(出典:小川勝己『葬列』)

・テレビでは、お笑い芸人が最近の若者の風潮についてコメントしていた。
(出典:片山憲太郎『紅 第1巻』)

・画面では、お笑い芸人と若い女たちが、口を開けて大笑いしている。
(出典:永瀬隼介『デッドウォーター』)

・イスに座ったこの体勢のままで、突然床が抜けて落下していくお笑い芸人みたいに。
(出典:竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 8 冬の旅』)

類語

芸人(げいにん)
意味:俳優・落語家など、演芸を職業とする人。(出典:デジタル大辞泉)

漫才(まんざい)
意味:寄席演芸の一種。2人で一組になり,滑稽な話題を掛合で聞かせるもの(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

コント
意味:笑いを誘う寸劇。(出典:デジタル大辞泉)

タレント
意味:芸能人。(出典:デジタル大辞泉)

落語(らくご)
意味:演芸の一つ。滑稽を主とした話芸で、終わりに落ちのあるもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました