WWWとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

WWW

よくURLに使われている「WWW」という言葉。

「WWW」は「World Wide Web」の略語です。

「WWW」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「WWW」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

WWWの意味

「WWW」には次の意味があります。

インターネット上で広く使用されている情報検索システムをいう。(出典:株式会社平凡社/百科事典マイペディア

「インターネット上での情報検索、情報発信に利用されている、蜘蛛の巣のように世界中に張り巡らされたシステム」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・発表した側は、単にWWWのページを作ったとしか考えていない。
(出典:富田倫生『本の未来』)

・デジタル化されたテキストであれば即座に公開でき、気ままに更新できるWWWは、救いの神のような気がした。
(出典:浜野サトル『新都市音楽ノート』)

WWWのホームページを閲覧するためのソフトですが、広義にはファイルの中身を閲覧するためのソフトのことです。
(出典:講談社インターナショナル編『続・これを英語で言えますか?』)

スポンサーリンク

類語

インターネット
意味:世界中にある複数のネットワークを相互に接続することで構築された、巨大なネットワーク。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

ウェブ
意味:インターネット上で文字・画像などをレイアウトして見せ、簡単にアクセスできるようにするための仕組み。(出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」)

ハイパーテキスト
意味:コンピュータで、ある文書の一部から関連する他の文書を参照したり、その文書に移動したりできるようにリンクされている文書構造、また、その電子文書。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました