SNSとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

SNS

「SNS疲れ」などのように使う「SNS」という言葉。

「SNS」は「Social Networking Service (ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」の略語です。

「SNS」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「SNS」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

SNSの意味

「SNS」には次の意味があります。

個人間のコミュニケーションを促進し、社会的なネットワークの構築を支援する、インターネットを利用したサービスのこと。(出典:デジタル大辞泉)

「SNS」と言われるものは数えきれないほどの量ですが、代表的な例としては「Twitter」「Facebook」「Instagram」などが挙げられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この前桐乃が登録したオタク系SNSサイトのトップページである。
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第02巻』)

・でもっておまえら、SNSの日記にそのこと書けよ。
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05巻』)

・本業仕事の合間を縫って、ブログやSNSサイトなどでイラストを発表している。
(出典:川原礫『アクセル・ワールド 13 -水際の号火-』)

SNSのオフ会で知り合ったオタク友達と、最近桐乃はよく遊んでいるのである。
(出典:伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第03巻』)

類語

Twitter(ツイッター)
意味:ユーザーが「つぶやき」と呼ばれる140字以内の短い記事を書き込み、ほかのユーザーがそれを読んだり、返信をすることでコミュニケーションが生まれるインターネット上のサービス。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

Facebook(フェイスブック)
意味:もとは米国の大学の学生名簿をインターネットで参照するサービスとして開発されましたが、学生同士で活動状況を簡単に伝え合えたことから利用者が増え、サービス対象を社会人などにも広げながら機能を増やしました。(出典:パソコンで困ったときに開く本)

Instagram(インスタグラム)
意味:PC、スマートホン向けカメラアプリケーションのひとつ。デジタル画像の撮影、編集、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)での共有などの機能がある。(出典:デジタル大辞泉プラス)

タイトルとURLをコピーしました