SEとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

SE

「SEとして就職する」などのように使う「SE」という言葉。

「SE」は「システムエンジニア」の略語です。

「SE」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「SE」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

SEの意味

「SE」には次の意味があります。

システムの設計や構築に従事する職を指す。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

「SE」をわかりやすく言うと「情報システム開発において、主にその設計や構築などの上流工程を担当する職業」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・業界ではSEと呼ばれているシステム・エンジニアとして働いている。
(出典:田中康夫『昔みたい』)

・理科系の四年制大学に進んだ尚子は、メーカーにSEとして就職した。
(出典:乃南アサ『ヴァンサンカンまでに』)

・その会社のソフトウェア開発部隊はかなり大規模なもので、最近は、いわゆるSEにもかなりの数の大卒女子が採用されているという。
(出典:高橋伸夫『できる社員は「やり過ごす」』)

・ランダム関数のバグチェックをしていて、脳をやられて入院してしまったSEだった。
(出典:桜坂洋『よくわかる現代魔法 第01巻』)

類語

システム分析しすてむぶんせき
意味:ある業務のシステムを開発する前に、その業務の現状や問題点などを洗い出す作業のこと。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました