SDGsとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

SDGs

「SDGsを考えた生活」などのように使う「SDGs」という言葉。

「エスディージーズ」と読み、英語では「Sustainable Development Goals」と表記します。

「SDGs」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「SDGs」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

SDGsの意味

「SDGs」には次の意味があります。

世界が2016年から2030年までに達成すべき17の環境や開発に関する国際目標。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

近年、テレビやSNSでも「SDGs」という言葉を見聞きするようになりました。
「SDGs」は、日本語で「持続可能な開発目標」と訳されます。
それぞれ分野で達成すべき目標が定められており、2030年までの達成を目指しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・数多くの企業は、SDGsを意識した取り組みを推進している。

SDGsは、17分野の目標達成を目指している。

SDGsは現代人が真摯に取り組まなければならない課題だ。

・2030年までに、SDGsの全ての目標が達成されなければならない。

類語

持続可能な開発目標(じぞくかのうなかいはつもくひょう)
意味:SDGsの日本語訳。

MDGs(Millennium Development Goals)
意味:2000年に開催された国連ミレニアム・サミットで採択された21世紀の国際社会の目標。日本語訳は「ミレニアム開発目標」。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

国際連合(こくさいれんめい)
意味:1945年10月24日の国連憲章に基づき設立された国際機構。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

タイトルとURLをコピーしました