pythonとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

python

「pythonを勉強する」などのように使う「python」という言葉。

「python」は「パイソン」と読みます。

「python」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「python」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

pythonの意味

「python」には次の意味があります。

イド・バン・ロッサム氏が開発したスクリプト言語。プログラムをモジュール化して(ほかの言語で作成したものも可能)、ほかのプログラムに組み込んで利用することが容易であるという特徴を持つ。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

pythonはインタプリタ言語の一つで、機械学習を学ぶのに便利な言語です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

pythonには豊富なライブラリがある。

pythonは「機械学習」に特化している。

pythonはデータサイエンスに利用される場合が多い。

類語

java
意味:1995年にサン・マイクロシステムズ社が開発した、オブジェクト指向のプログラミング言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

ruby
意味:1993年にまつもとゆきひろ氏が開発したオブジェクト指向のスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

php
意味:ラスマス・ラードフ氏によって開発されたスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

javascript
意味:ネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

perl
意味:ラリー・ウォール氏が開発したテキストファイルを処理するためのスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました