OSとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

OS

「OSを使用する。」などのように使う「OS」という言葉。

「OS」は「operating system」の略語です。

「OS」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「OS」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

OSの意味

「OS」には次の意味があります。

コンピュータのハードウエア(機械部分)とアプリケーションソフトウエア(特定の作業をするためのソフトウエア)の管理をするための基本ソフトウエア。(出典:精選版 日本国語大辞典)

日本語では「基本ソフト」と訳されます。
パソコンなどを動かし、周辺機器やアプリケーションソフトなどを使えるようにする基本的で重要なソフトです。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

OSの使い方・例文

・しかし確かマックOSはマック上でしか動かないと聞いていたのだけれど
(出典:西尾維新『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』)

・すべての言語やアプリケーションは、このOSの上で働く構造になっていた。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・コンピューター企業はどこも、自社のマシン用にOSを付けて売っていた。
(出典:富田倫生『青空のリスタート』)

OS上で開発を行う際には、複数の選択肢の中から開発言語を選ぶことができた。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・まともな設計思想のOSを使用していれば、ソフト的に抵抗することは不可能だ。
(出典:佐島勤『魔法科高校の劣等生 10 来訪者編 <中>』)

スポンサーリンク

類語

基本ソフト(きほんそふと)
意味:基本的な機能を提供する特別なソフトウェア。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

アプリケーションソフト
意味:特定の用途・目的・業務のために作られたソフトウェア。ワープロソフト・表計算ソフト・プレゼンテーションソフト・ウェブブラウザー・電子メールソフトなど。(出典:IT用語がわかる辞典)

ユーザランド
意味:OSが動作するのに必要な、カーネル以外の部分。(出典:Weblio辞書)

タイトルとURLをコピーしました