LEDとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

LED

「LEDライトは寿命が長い」などのように使う「LED」という言葉。

「LED」は「light emitting diode」の略語で直訳すると「発光ダイオード」です。

「LED」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「LED」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

LEDの意味

「LED」には次の意味があります。

半導体のpn接合部に電圧を加えると、緑や赤、青などに発光する素子。(出典:デジタル大辞泉)
LEDをわかりやすく言うと「電気を流すと色とりどりに光る半導体素子」という意味になります。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・側面にあるファンが回転をはじめ、横についているLEDが緑の光を発した。
(出典:桜坂洋『よくわかる現代魔法 第3巻 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ』)

・見てる内に、瞬間納豆製造機MARK・IIのLEDが勝手に点灯した。
(出典:火浦功『大冒険はおべんと持って <みのりちゃんシリーズ>』)

・スイッチを押してLEDをまわすと、すぐにもう一度押して停止信号を送った。
(出典:石田衣良『池袋ウエストゲートパーク 第4巻 電子の星』)

・左端でいくつものLEDが点滅を繰り返しており、機能中であることが確認できた。
(出典:伊都工平『天槍の下のバシレイス2 まれびとの棺 〈下〉』)

・カチッという音と共に作動を示すLEDが消え、組長の目尻に何かが光った。
(出典:初野晴『漆黒の王子』)

類語

光(ひかり)
意味:視覚を起こさせるもの。すなわち、発光体から発する光線、およびそれが反射したものをいう。(出典:百科事典マイペディア)

明かり(あかり)
意味:光。明るさ。(出典:デジタル大辞泉)

照明(しょうめい)
意味:広くは採光も含むが一般には人工光源による人工照明をいう。(出典:百科事典マイペディア)

青色発光ダイオード(あおいろはっこうだいおーど)
意味:発光ダイオードのうち、青色の光を発するもの。青色LED。(出典:デジタル大辞泉)

イルミネーション
意味:色とりどりの電灯をつけて飾ること。電飾。電光飾。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました