副詞

スポンサーリンク
二字熟語

無論とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

無論 「無論理解している」などのように使う「無論」という言葉。「無論」は、音読みで「むろん」と読みます。「無論」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「無論」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わ...
俗語

ダントツとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

ダントツ 「ダントツの成績」などのように使う「ダントツ」という言葉。「ダントツ」は、「断然トップ」の略語です。石原慎太郎作の『死のヨットレース脱出記』(1963)において「スタートからダントツ(断然トップ)で出たが」と書かれたのが最...
二字熟語

先般とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

先般 「先般の態度」などのように使う「先般」という言葉。「先般」は、音読みで「せんぱん」と読みます。「先般」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「先般」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
二字熟語

逐次とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

逐次 「逐次刊行物」などのように使う「逐次」という言葉。「逐次」は、音読みで「ちくじ」と読みます。「逐次」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「逐次」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりや...
副詞

須くとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

須く 「すべからく大切であるべきもの」などのように使う「須く」という言葉。「須く」は、訓読みで「すべからく」と読みます。「須く」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「須く」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を...
二字熟語

終日とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

終日 「終日営業」などのように使う「終日」という言葉。「終日」は、音読みで「しゅうじつ」と読みます。「終日」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「終日」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかり...
副詞

極力とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

極力 「きょくりょく」と読みます。 「極力~」「~を極力」などとよく使われます。 「極力」は日常会話でよく使われる言葉ですが、どのような意味なのでしょう? この記事では「極力」の意味や使い方について、小説などの用例...
副詞

従来とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

従来 「じゅうらい」と読みます。 「従来の~」「従来通り~」といった形でよく使われます。 さまざまな場面で使われる言葉ですが、どのような意味なのでしょう? この記事では「従来」の意味や使い方について、小説などの用例...
副詞

丁丁発止とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

丁丁発止 「丁丁発止」と書いて「ちょうちょうはっし」。 「丁丁」はかん高い音続いて響くさま、「発止」は堅いものどうしがぶつかるさま、またその音を表します。「刀をはっしと受けとめる」などといいます。 剣道な...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました