BCAAとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

BCAA

近年、様々なサプリが登場する中で「BCAA」という名前を耳にします。

この記事では「BCAA」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

BCAAの意味

BCAAには次の意味があります

branched-chain amino acidのこと。筋肉のエネルギー代謝に深く関与する3種類の必須アミノ酸、バリン・ロイシン・イソロイシンの総称。枝分かれする分子構造をもつため、分岐鎖アミノ酸または分枝鎖アミノ酸とよばれる。筋肉を構成する必須アミノ酸の30~40パーセントを占め、運動時に効率よくエネルギー源として利用される。(出典:デジタル大辞泉)

使い方・例文

・このため何らかの疾患等により血中のBCAA/AAA比がバランスを大きく崩すと脳機能への影響が出る可能性がある。

・水以外にBCAA、アンパン、バナナ、梅干し、おしるこを用意している給水所もある。

・同事業では「セレン、n-3系脂肪酸、ルテイン、CoQ10、ヒアルロン酸、ブルーベリーエキス、グルコサミン、BCAA、イチョウ葉エキス、ノコギリヤシ、ラクトフェリン」の11成分について、国内外の研究を調査し、機能性を評価した。

タイトルとURLをコピーしました