lilium17

スポンサーリンク
二字熟語

拘泥とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

拘泥 「過去に拘泥する」などのように使う「拘泥」という言葉。「拘泥」は、音読みで「こうでい」と読みます。「拘泥」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「拘泥」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わ...
ことわざ・慣用句

小耳に挟むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

小耳に挟む 「うわさ話を小耳に挟む」などのように使う「小耳に挟む」という言葉。「小耳に挟む」は、訓読みで「こみみにはさむ」と読みます。「小耳に挟む」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「小耳に挟む」の意味や使い方や類語...
二字熟語

推察とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

推察 「相手の気持ちを推察する」などのように使う「推察」という言葉。「推察」は、音読みで「すいさつ」と読みます。「推察」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「推察」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しな...
ことわざ・慣用句

月と鼈とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

月と鼈 「月と鼈ほどの違い」などのように使う「月と鼈」という言葉。「月と鼈」は、訓読みで「つきとすっぽん」と読みます。「月と鼈」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「月と鼈」の意味や使い方や類語について、小説などの用例...
ことわざ・慣用句

善は急げとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

善は急げ 「善は急げだ、すぐやろう」などのように使う「善は急げ」という言葉。「善は急げ」は、「ぜんはいそげ」と読みます。「善は急げ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「善は急げ」の意味や使い方や類語について、小説など...
ことわざ・慣用句

取らぬ狸の皮算用とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

取らぬ狸の皮算用 「取らぬ狸の皮算用をしても仕方ない」などのように使う「取らぬ狸の皮算用」という言葉。「取らぬ狸の皮算用」は、「とらぬたぬきのかわざんよう」と読みます。「取らぬ狸の皮算用」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記...
ことわざ・慣用句

泣きっ面に蜂とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

泣きっ面に蜂 「雨まで降ってきて、泣きっ面に蜂である」などのように使う「泣きっ面に蜂」という言葉。「泣きっ面に蜂」は、「なきっつらにはち」と読みます。「泣きっ面に蜂」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「泣きっ面に蜂」...
ことわざ・慣用句

七転び八起きとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

七転び八起き 「七転び八起きの人生です」などのように使う「七転び八起き」という言葉。「七転び八起き」は、「ななころびやおき」と読みます。「七転び八起き」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「七転び八起き」の意味や使い方...
ことわざ・慣用句

猫に小判とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

猫に小判 「まさに猫に小判である」などのように使う「猫に小判」という言葉。「猫に小判」は、「ねこにこばん」と読みます。「猫に小判」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「猫に小判」の意味や使い方や類語について、小説などの...
ことわざ・慣用句

糠に釘とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

糠に釘 「何を言っても糠に釘だ」などのように使う「糠に釘」という言葉。「糠に釘」は、「ぬかにくぎ」と読みます。「糠に釘」とは、どのような意味の言葉でしょうか?この記事では「糠に釘」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介し...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました