スポンサーリンク

鳥瞰とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

鳥瞰

「鳥瞰する」などのように使う「鳥瞰」という言葉。

「鳥瞰」は、音読みで「ちょうかん」と読みます。

「鳥瞰」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「鳥瞰」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鳥瞰の意味

「鳥瞰」には次の意味があります。

鳥が空から見おろすように、高い所から広い範囲を見おろすこと。また転じて、全体を大きく見渡すこと。(出典:デジタル大辞泉)

「鳥瞰する」という言葉を簡単に言うと「鳥のような視点で物事を大きく見渡す」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・やや教科書式に鳥瞰的であるが、ペダンティックな博識で大いに読ませる。
(出典:荻昌弘 『大人のままごと』)

・こうは、鳥瞰して最短距離を来ることができる。
(出典:貴志祐介 『新世界より』)

・その下の都会の鳥瞰景。
(出典:北原白秋 『東京景物詩及其他』)

・中世紀的市街の鳥瞰
(出典:谷譲次 『踊る地平線』)

鳥瞰という見方だった
(出典:フレドリック・ブラウン 『73光年の妖怪』)

類語

俯瞰(ふかん)
意味:高い所から見下ろし眺めること。(出典:デジタル大辞泉)

大局(たいきょく)
意味:物事の全体のありさまや、成り行き。大勢。(出典:デジタル大辞泉)

全体像(ぜんたいぞう)
意味:一つのまとまりとして捉えた物事の姿や形。(出典:デジタル大辞泉)

総合的(そうごうてき)
意味:個々の物事を一つにまとめるさま。(出典:デジタル大辞泉)

包括(ほうかつ)
意味:全体をひっくるめてまとめること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました