スポンサーリンク

鬼嫁とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

鬼嫁

「恐ろしい鬼嫁」などのように使う「鬼嫁」という言葉。

「鬼嫁」は、訓読みで「おによめ」と読みます。

「鬼嫁」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「鬼嫁」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鬼嫁の意味

「鬼嫁」には次の意味があります。

残酷で無慈悲な嫁をののしっていう語。また、夫が妻のことをおどけていう。(出典:デジタル大辞泉)

「鬼嫁」を分かりやすく言うと旦那にとって頭の上がらない奥様の事を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もちろんこれは、鬼の姑の対抗戦略者であるところの鬼嫁についても言える。
(出典:竹内久美子『そんなバカな! 遺伝子と神について』)

・竹内久美子『そんなバカな! 遺伝子と神について』
(出典:村田沙耶香『コンビニ人間』)

・数回に一度は鬼姑やダメ亭主も採り上げられたが、大半は鬼嫁ネタだった。
(出典:竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第6巻』)

・須賀啓一は鬼嫁に頭の上がらない甲斐性なしのダメサラリーマン。
(出典:川上稔『AHEADシリーズ 2 終わりのクロニクル1〈下〉』)

・メインMCは、広島のプロ・アマのスポーツを応援するために突如舞い降りた鬼嫁・北斗晶。
(出典:川上稔『AHEADシリーズ 2 終わりのクロニクル1〈下〉』)

類語

妻(つま)
意味:配偶者である女性。
(出典:デジタル大辞泉)

家内(かない)
意味:妻。ふつう、他人に対して自分の妻をいうときに用いる。
(出典:デジタル大辞泉)

細君(さいくん)
意味:親しい人に対し、自分の妻をいう語。
(出典:デジタル大辞泉)

愚妻(ぐさい)
意味:おろかな妻。また、自分の妻をへりくだっていう語。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

ぬかみそ女房(ぬかみそにょうぼう)
意味:糖味噌のにおいがしみついたように、所帯じみて新鮮さのなくなった妻。また、自分の妻を謙遜していう語。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました