馬子にも衣装とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

馬子にも衣装

「馬子にも衣装で母のスーツ姿は割ときまっていると思う。」などのように使う「馬子にも衣装」という言葉。

「馬子にも衣装」は、「まごにもいしょう」と読みます。

「馬子にも衣装」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「馬子にも衣装」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

馬子にも衣装の意味

「馬子にも衣装」には次の意味があります。

・衣装によって見た目が大きく変わり、つまらない者でも立派に見えることのたとえ。(出典:ことわざを知る辞典)

「馬子にも衣装」は一見「誉め言葉」のように受け止めることができますが、この言葉を使う時は「気心の知れた仲間や家族」などに対し「冗談」として使用したほうが良いでしょう。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

馬子にも衣装の使い方・例文

・なぜか馬子にも衣装なんていう言葉が俺の脳裏を通り過ぎた。
(出典:谷川流『5 涼宮ハルヒの棒 走』)

・作者、作品ともに、まさに馬子にも衣装の晴れの舞台である。
(出典:阿川佐和子『笑ってケツカッチン』)

・「馬子にも衣装とはこのことか」 と真野は嬉うれしそうに言った。
(出典:酒見賢一『後宮小説』)

・たいして育ちなどよくないのだが、馬子にも衣装とはよくいったもので、小塚老人仕込みの格好をするとおれでさえどこかの御曹司に見えた。
(出典:石田衣良『波のうえの魔術師』)

類語

・鬼瓦にも化粧(おにがわらにもけしょう)
意味:醜いものも化粧すれば、けっこう美しく見えることのたとえ(出典:精選版 日本国語大辞典)

切り株にも衣装(きりかぶにもいしょう)
意味:つまらないものでも外見しだいでよく見える意。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・女は衣装髪かたち(おんなはいしょうかみかたち)
意味:女は着る物と髪かたちによって見違えるほど美しくなれる。女にとって着る物と髪かたちはとても大切なものだということ。(出典:故事・ことわざ・慣用句辞典オンライン)

・姿は作り物(すがたはつくりもの
意味:容姿や見た目は、化粧や衣服などによって、いかようにでも作ることができるということ。(出典:ことばライブラリー)

タイトルとURLをコピーしました