首相とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

首相

「日本の首相」などのように使う「首相」という言葉。

「首相」は、音読みで「しゅしょう」と読みます。

「首相」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「首相」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

首相の意味

「首相」には次の意味があります。

内閣総理大臣の通称。首班である大臣。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「首班である大臣」とは「内閣の主席の大臣」を意味します。
「首相」は「内閣総理大臣」と同じ意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語については下記の通りです。

使い方・例文

・皇太子と首相がヘリコプターで見て帰ったところで何の薬にもなりはしない。
(出典:倉橋由美子『アマノン国往還記』)

・この会議で鈴木首相が、今後は重臣も出席させることにしようと言った。
(出典:保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』)

・この期に首相がかわるのは、内外に与える影響は大きいというのである。
(出典:保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』)

首相としても今日迄の政策には軍のことも充分考えてきている。
(出典:保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』)

スポンサーリンク

類語

内閣総理大臣ないかくそうりだいじん
意味:内閣の首長である国務大臣。(出典:デジタル大辞泉)

総理そうり
意味:全体を統一して管理すること。また、その役に当たる人。(出典:デジタル大辞泉)

元首げんしゅ
意味:国家を外に向って一般的に代表する資格をもつ機関。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「)

治者ちしゃ
意味:一国を統治する人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

大統領だいとうりょう
意味:共和国の元首。また、その職。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました