顕現とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

顕現

「顕現する」などのように使う「顕現」という言葉。

「顕現」は、音読みで「けんげん」と読みます。

「顕現」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「顕現」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

顕現の意味

「顕現」には次の意味があります。

はっきりと姿を現すこと。はっきりとした形で現れること。(出典:デジタル大辞泉)

「そこに顕現する」などのように使われ、今まで無かったものが形を伴って現れるさまを指すことが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・英霊の宝具とは、形ある固有の武器として顕現するものばかりではない。
(出典:虚淵玄 『Fate Zero Vol 1 第四次聖杯戦争秘話』)

・その夢を誰もが信じ、それを貫けば華胥氏の国が顕現するのだと思っていた。
(出典:小野不由美 『十二国記 10 華胥の幽夢 漂舶』)

・あの顕現が余り偉大なので、 全く自分が侏儒であるように、己は感じた。
(出典:森鴎外 『ファウスト』)

・弟子達が「キリストの顕現」に接する過程には次のような事情があったのかもしれない。
(出典:八木誠一 『キリストとイエス―聖書をどう読むか』)

・精神の運動応答するひとつの精神の運動が顕現している。
(出典:フロイト/ 渡辺哲夫訳 『モーセと一神教』)

類語

具現(ぐげん)
意味:実際に、具体的な形に現すこと。また、具体的に現されたもの。(出典:デジタル大辞泉)

発現(はつげん)
意味:現れ出ること。また、現し出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

顕示(けんじ)
意味:わかるように、はっきりと示すこと。(出典:デジタル大辞泉)

具象(ぐしょう)
意味:はっきりした姿・形を備えていること。(出典:デジタル大辞泉)

具体(ぐたい)
意味:物事が、直接に知覚され認識されうる形や内容を備えていること。
(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました