革命とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

革命

「産業革命」などのように使う「革命」という言葉。

「革命」は、音読みで「かくめい」と読みます。

「革命」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「革命」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

革命の意味

「革命」には次の三つの意味があります。

1 支配者階級が握っていた国家権力を被支配者階級が奪い取って、政治や経済の社会構造を根本的に覆す変革。
2 既成の制度や価値を根本的に変革すること。
3 王朝があらたまること。(出典:大辞林 第三版)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

革命の意味①「支配者階級が握っていた国家権力を被支配者階級が奪い取って、政治や経済の社会構造を根本的に覆す変革。」

「革命」の一つ目の意味は「支配者階級が握っていた国家権力を被支配者階級が奪い取って、政治や経済の社会構造を根本的に覆す変革。」です。

フランス革命やロシア革命が、これに当てはまります。
カードゲームの大富豪で使われる「革命」(同じ数字のカードを4枚以上出すことでジョーカー以外のカードの強さが逆転すること)は、この意味で、力関係が逆転することを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ 一七九二年以後欧州のあらゆる革命は実はフランス革命の一分子である。
(出典:ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』)

・ロシア革命のあと、極東共和国なんて呼ばれたこともあるそうだね。
(出典:半村良『ラヴェンダーの丘』)

・さらに辛亥革命の裏の仕掛け人としての北には、まだ心配の種があった。
(出典:豊田穣『革命家・北一輝』)

スポンサーリンク

類語

・逆転(ぎゃくてん)
意味:それまでとは反対の方向に回転すること。逆回転。(出典:デジタル大辞泉)

・どんでん返し(どんでんがえし)
意味:正反対にひっくり返すこと。話・形勢・立場などが逆転すること。(出典:デジタル大辞泉)

・反乱(はんらん)
意味:権力や支配者に背いて武力行動を起こすこと。(出典:デジタル大辞泉)

革命の意味②「既成の制度や価値を根本的に変革すること。」

「革命」の二つ目の意味は「既成の制度や価値を根本的に変革すること。」です。

技術などの急激な発展や変革に使われるのは、こちらの意味です。
技術革命、産業革命などが当てはまります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・近代社会革命の精神的準備が曲りなりにもできたと言つていゝのである。
(出典:岸田国士『人間カザノヴァの輪郭』)

・社会機構の革命は一日にして行はれるが、人間の変革はさうは行かない。
(出典:坂口安吾『咢堂小論』)

・最近十世紀間にその例を見ない音楽上の最大革命だと、公言してる者もあった。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

スポンサーリンク

類語

・革新(かくしん)
意味:旧来の制度・組織・方法・習慣などを改めて新しくすること。特に、政治では、現状を改革しようとする立場。(出典:デジタル大辞泉)

・改革(かいかく)
意味:基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。(出典:大辞林 第三版)

・一新(いっしん)
意味:すっかり新しくすること。また、まったく新しくなること。(出典:デジタル大辞泉)

革命の意味③「王朝があらたまること。」

「革命」の三つ目の意味は「王朝があらたまること。」です。

「革」という字は改まることを表しており、中国で天子は天命を受けて天下を治めるとされていたところから、元々はこの意味で使われていました。
日本でも幕末までは、この意味で使われていました。
しかし、明治以降は主に①②の意味で使われるようになりました。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・松陰は、易姓革命観における「天が命じた主旨」の天とは、日本ではとりもなおさず天朝のことだと述べた。
(出典:古川薫『花冠の志士小説久坂玄瑞』)

・問題にされたのは易姓革命の思想で、維新革命の原理を至尊奉仕の念に置く安岡が、至尊を説明して次のように書いた所などにかかわる。
(出典:和田利夫『昭和文芸院瑣末記』

タイトルとURLをコピーしました