銀河とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

銀河

「銀河の星たち」などのように使う「銀河」という言葉。

「銀河」は、音読みで「ぎんが」と読みます。

「銀河」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「銀河」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

銀河の意味

「銀河」には次の意味があります。

銀河系と同等の規模をもつ無数の恒星や星間物質からなる集合体。(出典:デジタル大辞泉)

「銀河」をわかりやすく言うと「無数の星の集まり」という意味になります。
ちなみに、地球が属する銀河は「天の川銀河(あまのがわぎんが)」という名前の銀河です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・太陽系がある銀河のようなものは何兆個もあるので、地球と同じような環境のところはいくらでもあります。
(出典:大川隆法『神秘の法』)

・おまえの船がもの凄いスピードで銀河宇宙から飛び出しかけているだと?
(出典:J・ブリッシュ『スター・トレックTV版(全12巻) 11 惑星ゴトスの妨害者』)

銀河のどこかにそんなものが存在することを、いま考えてはならなかった。
(出典:K・H・シェール『ドイツSF/シェール初期長編(全4巻) 2 地球人捕虜収容所』)

・つまり二億年に一度、オンオフ星は謎の銀河中心部に進入しているのだ。
(出典:ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』)

・何百何千という銀河に行く、こうしてキャッチ・ボールがはじまるのさ。
(出典:E・E・スミス『創元版 スカイラーク・シリーズ(全4巻) 4 スカイラーク対デュケーヌ』)

スポンサーリンク

類語

星雲(せいうん)
意味:散光星雲、暗黒星雲、惑星状星雲などに分類される。(出典:デジタル大辞泉)

天の川(あまのがわ)
意味:晴れた夜空に帯状に見える無数の恒星の集まり。(出典:デジタル大辞泉)

宇宙(うちゅう)
意味:無限の空間と時間の広がり。(出典:デジタル大辞泉)

天体(てんたい)
意味:太陽・恒星・惑星・衛星・彗星・星団・星雲など、宇宙に存在する物体の総称。(出典:デジタル大辞泉)

衛星(えいせい)
意味:惑星の周りを楕円軌道を描いて公転している天体。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました