量産とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

量産

「量産型ファッション」などのように使う「量産」という言葉。

「量産」は、音読みで「りょうさん」と読みます。

「量産」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「量産」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

量産の意味

「量産」には次の意味があります。

同一規格の商品を一時に大量生産すること。大量生産。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「量産」は「マスプロダクション」を意味しますが、最近では皆と同じようなメイク・ヘアスタイル・ファッションをまとっている人々を「量産型」と呼称するなど意味が派生しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

量産型サイボーグを展開させるためにかけた時間を考えると、驚異的な速さである。
(出典:高千穂遙『クラッシャージョウ・シリーズ(全13巻) 10 ダイロンの聖少女』)

・ソフトハウスへの量産型プロトタイプの提供は、九月一日から開始された。
(出典:富田倫生『パソコン創世記』)

・ところが量産型の低い性能では超電磁砲を再現する事はできず、計画は頓挫し、研究所は閉鎖。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第5巻』)

・彼の話では、記憶素の量産化が軌道に乗るのは、まだ一年以上先らしい。
(出典:川又千秋『1+1=0』)

・工場とは多くの人間の手によって生活用品を量産する場所だと言う。
(出典:奈須きのこ『Fate/hollow ataraxia 本編のみ ver1.00ルビあり』)

類語

・増産(ぞうさん)
意味:生産量をふやすこと。また、生産量がふえること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・マスプロ
意味:「マスプロダクション」の略。大量生産。(出典:精選版 日本国語大辞典)

最多(さいた)
意味:もっとも多いこと。(出典:デジタル大辞泉)

無限大(むげんだい)
意味:限りなく大きいこと。大きさが限りないこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・膨大(ぼうだい)
意味:ふくれて大きくなること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました