選別とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

選別

「品を選別」などのように使う「選別」という言葉。

「選別」は、音読みで「せんべつ」と読みます。

「選別」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「選別」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

選別の意味

「選別」には次の意味があります。

選び分けること。より分けること。(出典:デジタル大辞泉)

2つに分けたり、グループに分けて判断する事をいいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・しかし自分で自分のものをどれだけ厳重に選別する事が出来るであらうか。
(出典:長部日出『鬼が来た 棟方志功伝(下)』)

・数日のうちに必要なものを選別して、新しい建物に移動させなければならない。
(出典:貴志祐介『新世界より』)

・これは受けとめるけれどそれは受けとめない、という選別は許されない。
(出典:片岡義男『東京青年』)

・困ったというよりは、ぶつけるべき言葉の矢を選別しているようでもあった。
(出典:伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』)

・白い洗面器に三十尾程度の稚魚を入れると、兄は慎重に選別してゆく。
(出典:吉村昭『羆』)

類語

・選考(せんこう)
意味:能力・人柄などをよく調べて適格者を選び出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

選分(えりわける)
意味:多くのものを程度や種類などによって別々にする。(出典:精選版 日本国語大辞典)

分別(ぶんべつ)
意味:道理をよくわきまえていること。また、物事の善悪・損得などをよく考えること。(出典:デジタル大辞泉)

採択(さいたく)
意味:いくつかあるものの中から選んで取り上げること。(出典:デジタル大辞泉)

取捨(しゅしゃ)
意味:いくつかあるものの中から選んで取り上げること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました