適用とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

適用

「ルールを適用する」などのように使う「適用」という言葉。

「適用」は、音読みで「てきよう」と読みます。

「適用」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「適用」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

適用の意味

「適用」には次の意味があります。

・法律・規則などを、事例にあてはめて用いること。(出典:デジタル大辞泉)

世の中には法律や公式、校則やガイドラインなど様々な決まりごとがあり、その決まりごとに事例をあてはめるときに使う「適用」は、日常生活の中で非常に馴染み深い言葉だといえます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・従って患者の多くは、生活保護法の適用を受けて、此所にはいっていた。
(出典:福永武彦『草の花』)

・数学はこの力学を通じて最も原則的に組織的に物理学に適用される。
(出典:戸坂潤『辞典』)

・この言葉はそのままわが国最近の政治貧困に適用できるのではあるまいか。
(出典:中野好夫/安野光雅編『悪人礼賛 ―中野好夫エッセイ集』)

・これは大部分『人口論』の一般諸原理を現在の事態に適用したものである。
(出典:吉田秀夫『人口論』)

・少年法を二十歳まで適用しては、罰が軽くなりすぎるとばかり心配している。
(出典:宮本百合子『修身』)

類語

・当て嵌める(あてはめる)
意味:うまく合うようにする。適用する。(出典:デジタル大辞泉)

・施行(しこう)
意味:実際に行うこと。政策・計画などを実行すること。実施。せぎょう。しぎょう。(出典:デジタル大辞泉)

・応用(おうよう)
意味:原理や知識を実際の事柄に当てはめて用いること。(出典:デジタル大辞泉)

・実行(じっこう)
意味:計画や理論などを実際に行なうこと。実地に行動すること。実施に移すこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・アプリケーション(あぷりけーしょん)
意味:適用。応用。また、実用化。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました