過保護とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

過保護

「過保護」とは、子供を必要以上に甘やかして育てたときに使われる言葉です。

近年の家庭はそのような親が多いような傾向にあります。子供の将来を思えばこそ、子育てはときには厳しさも必要なのかもしれません。

「過保護な親」「過保護に育てられた子供」などをさします。

「過保護」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

過保護の意味

過保護には次の意味があります。

子供などを大事にしすぎること。また、そのように育てられること。(出典:大辞林第三版の解説)
「過保護」はとくに子供の養育において、必要過多な保護や甘やかしをする場面が多いです。まともに社会人として巣立つのに必要な躾をせずに済ますこと。

自由に個人を尊重させる育て方とはまた違い、過保護すぎると身勝手な人間に育つことが多い。将来モラルハラスメントやドメスティックバイオレンスなどを行い、本人のためにはならないでしょう。

具体的な使い方や例文は下記の通りです。

使い方・例文

・そんな過保護なわたしの生活とこの歌はとても共通点があると思う。
(出典:三雲岳斗『聖遺の天使』)

・現在の韓国での子どもの過保護ぶりには目をそむけたくなるものがある。
(出典:呉善花『続 スカートの風』)

・父親が子どもの宿題に手を出すようでは、口ほどもなく過保護の家庭だ。
(出典:辻真先『私のハートに、あなたのメスを』)

・入ったばかりなのかもしれないが、ここまで過保護にしなくても。
(出典:内田春菊『私の部屋に水がある理由』)

・私は小学校に上がる前は病気ばかりしていたので、母親の過保護の下にあった。
(出典:秋山駿『人生の検証』)

タイトルとURLをコピーしました