遁走とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

遁走

「遁走劇」などのように使う「遁走」という言葉。

「遁走」は、音読みで「とんそう」と読みます。

「遁走」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「遁走」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

遁走の意味

「遁走」には次の意味があります。

・逃げ出すこと。逃がれ去ること。逃走。(出典:デジタル大辞泉)

「遁走劇」は「逃げ出す一部始終の様子」というような意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・多くは、見つかった土壇場でやる遁走法だが、今夜の場合はそうでない。
(出典:吉川英治『新・水滸伝(四)』)

・意味を知りすぎた人間が意味から無意味へ駈けこんで行ぐ遁走ですよ。
(出典:坂口安吾『安吾の新日本地理』)

・今度も東京に入らず、茨城方面へ二三機が入って遁走したとのこと。
(出典:伊藤整『太平洋戦争日記(三)』)

・しかしその間に、パンガ艦隊の主力は市の裏門から遁走してしまった。
(出典:E・R・バローズ『創元初訳版/金星シリーズ(全5巻) 4 金星の火の女神』)

・十分ばかり走ったとき、私邸から自分が遁走したのが発覚したのを彼は知った。
(出典:中村正『元首の謀叛』)

類語

・高飛び(たかとび)
意味:犯罪者などが遠くの土地へ逃げること。(出典:デジタル大辞泉)

・逃れる(のがれる)
意味:危険や不快を避けて遠くに身を置く。(出典:デジタル大辞泉)

・雲隠れ(くもがくれ)
意味:姿を隠して見えなくなること。行方をくらますこと。(出典:デジタル大辞泉)

・逃げ腰(にげごし)
意味:逃げようとする腰つき。また、責任などを回避しようとする態度。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・回避(かいひ)
意味:物事をよけて、それにあわないようにすること。事態がそうならないようにすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました