進化とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

進化

「動物の進化」などのように使う「進化」という言葉。

「進化」は、音読みで「しんか」と読みます。

「しんか」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「しんか」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

進化の意味

「進化」には次の二つの意味があります。

1 生物の種が別の種に変わること。一般に、体制の複雑化、適応の高度化ならびに種類の増加を伴う。
2 事物が、段階を追って、よりよい、あるいはより高度な形態へと変化していくこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

進化の意味①「生物の種が別の種に変わること。一般に、体制の複雑化、適応の高度化ならびに種類の増加を伴う。」

「進化」の一つ目の意味は「生物の種が別の種に変わること。一般に、体制の複雑化、適応の高度化ならびに種類の増加を伴う。」です。

「進化」の本来の意味はこの意味で使われます。何千万年という長い年月を経て、生態系に対応した姿、形に変えていくことを「進化」と言います。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ということは、純粋に惑星上で生まれたものが進化したということです。
(出典:ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』)

・生物せいぶつの進化しんかの過程かていを考える場合ばあい、魚類ぎょるいは非常ひじょうに重要じゅうような意味いみをもっている。
(出典:H・ロフティング/井伏鱒二『ドリトル先生物語全集(全12巻) 8 ドリトル先生 月へゆく』)

・それに進化論はただ物質的方面の進化のみをもって満足すべきではない。
(出典:井上哲次郎『明治哲学界の回顧』)

・この精神的な方法が、後には視覚による催眠力にまで進化したのである。
(出典:E・E・スミス『創元版 スカイラーク・シリーズ(全4巻) 4 スカイラーク対デュケーヌ』)

類語

変形(へんけい)
意味:形や状態が変わること。また、変えること。(出典:デジタル大辞泉)

退化(たいか)
意味:個体発生や系統発生の過程で、生物体の器官・組織などが縮小・衰退すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

変容(へんよう)
意味:姿や形、また、状態や内容などが変わること、または変えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

変身(へんしん)
意味:他のものに姿を変えること。別の姿・ようすになること。(出典:デジタル大辞泉)

進化の意味②「事物が、段階を追って、よりよい、あるいはより高度な形態へと変化していくこと。」

「進化」の二つ目の意味は「事物が、段階を追って、よりよい、あるいはより高度な形態へと変化していくこと。」です。

物事が徐々にいい方向へ、または高度な段階へと変わっていくことを言います。これは主に事業や機器など物や物事によく使われます。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人間の文化が進むにつれて、文学も進化しなければならないはずである。
(出典:寺田寅彦『科学と文学』)

・村の鎮守と全く別の部分で国家宗教的な進化を果たしてしまった訳だ。
(出典:京極夏彦『魍魎の匣』)

・ハードウエアの進化の時計の針に、すっかり弾みがついてしまっている。
(出典:富田倫生『青空のリスタート』)

・ある条件を与えれば、画像の中の私は、簡単に確実に進化できるのである。
(出典:大崎善生『孤独か、それに等しいもの』)

類語

先進(せんしん)
意味:発展の段階や進歩の度合が他より進むこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

発展(はってん)
意味:物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること。物事が、より進んだ段階に移っていくこと。(出典:デジタル大辞泉)

進展(しんてん)
意味:また、事態が進行したり、物事が進歩発展したりすること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

進歩(しんぽ)
意味:物事が、次第によい方へ、望ましい方へと進んで行くこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました