退任とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

退任

「退任する意向」などのように使う「退任」という言葉。

「退任」は、音読みで「たいにん」と読みます。

「退任」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「退任」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

退任の意味

「退任」には次の意味があります。

任務をやめること。役目をしりぞくこと。(出典:デジタル大辞泉)

「退任」をわかりやすく言うと「責任のある役割から離れること」です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・純子は、楠木会長を始め役員の大半が退任することになった経緯も聞いていた。
(出典:貴志祐介『硝子のハンマー』)

・父はあなたの出現で退任を余儀なくされました。
(出典:エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』)

・外敵に攻められた時、ある将軍がその地位につき、勝利のあと、すぐ退任
(出典:星新一『きまぐれ遊歩道』)

・あの人が任期切れを前に退任されたのもある理由があった。
(出典:胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇1 警視正天山南路を行く』)

・中には一度も役員賞与を手にすることなく退任していく者もおります。
(出典:高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』)

スポンサーリンク

類語

降板こうばん
意味:役をおりること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

辞任じにん
意味:就いていた任務・職務を、自分から申し出て辞めること。(出典:デジタル大辞泉)

辞職じしょく
意味:勤めている職をやめること。退職。辞任(出典:精選版 日本国語大辞典)

辞退じたい
意味:勧められたことを遠慮して断ること。また、自分の既得の地位・権利などを遠慮して放棄すること。(出典:デジタル大辞泉)

固辞こじ
意味:断固としてことわること。かたく辞退すること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました