転記とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

転記

「書類を転記する」などのように使う「転記」という言葉。

「転記」は、音読みで「てんき」と読みます。

「転記」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「転記」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

転記の意味

「転記」には次の意味があります。

記載事項を他に書き写すこと。(出典:デジタル大辞泉)

「転記」という言葉をわかりやすく言うと、「原本から別の紙に新たに書き写すこと」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ところが何かの加減で戸籍に転記される時に、この下の斉になっちゃったんじゃないか。
(出典:斎藤栄『ミステリーを書いてみませんか』)

・私はノオトに、この緋色の表紙の本に収められた「遅い」という詩を転記して帰ることにした。
(出典:車谷長吉『赤目四十八瀧心中未遂』)

・履歴書に中原順子が書いたことを転記した紙によると、一九三一年に中原順子は神戸の女子短大を卒業していた。
(出典:片岡義男『東京青年』)

・なっちゃうと、戸籍はもうずーっとそうなりますから、転記のミスがそのままになって、ああいう斉が生まれたんじゃないかというふうに思うんです。
(出典:斎藤栄『ミステリーを書いてみませんか』)

・すでに公式の電子書類に転記し、正式に登録した婚姻届を表示させて、その筆跡と今ケリーが書いた筆跡とを照らし合わせ始めた。
(出典:茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第1巻』)

類語

書き写す(かきうつす)
意味:記載されている文字・文章・絵などを、別の紙にそのとおりに書く。(出典:デジタル大辞泉)

謄写する(とうしゃする)
意味:書き写すこと。写し取ること。(出典:デジタル大辞泉)

筆写する(ひっしゃする)
意味:書き写すこと。(出典:デジタル大辞泉)

転写する(てんしゃする)
意味:文章・図面などを写し取ること。また、書き写すこと。(出典:デジタル大辞泉)

拓本(たくほん)
意味:木・石・器物などに刻まれた文字・文様を紙に写し取ったもの。また、その技法。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました