贈収賄とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

贈収賄

「贈収賄が発覚した」などのように使う「贈収賄」という言葉。

「贈収賄」は、音読みで「ぞうしゅうわい」と読みます。

「贈収賄」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「贈収賄」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

贈収賄の意味

「贈収賄」には次の意味があります。

贈賄と収賄。賄賂(わいろ)を贈ることと受け取ること。(出典:デジタル大辞泉)

「贈収賄」をわかりやすく言うと、事が都合がよく有利にすすむように品物やお金を贈ること(賄賂)と、それを受け取る相手のこと(収賄)をあらわした言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これは贈収賄双方にとって都合が悪い。
(出典:森村誠一『棟居刑事の情熱』)

・同社の政界がらみの贈収賄疑惑は殺人動機として見過ごすことはできなかった。
(出典:森村誠一『殺人の赴任』)

・少なくとも、現代の日本人が贈収賄というような語感でこれを考えることは禁物なのである。
(出典:野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』)

・それから未遂が二件。例の贈収賄がなければ、トップ記事なのは間違いない。
(出典:山本弘,友野詳,高井信『妖魔夜行 深紅の闇』)

・この男も、贈収賄事件に関係しているとみていいのだが、名前は、星野明だった。
(出典:西村京太郎『特急「ひだ3号」殺人事件』)

スポンサーリンク

類語

貪汚たんお
意味:欲が深くて心がいやしいこと。(出典:デジタル大辞泉)

黄白こうはく
意味:金と銀。転じて、金銭。(出典:デジタル大辞泉)

私曲しきょく
意味:不正な手段で自身だけの利益をはかること。利己心があって正しくないこと。(出典:デジタル大辞泉)

汚職おしょく
意味:公職にある人が、地位や職権を利用して収賄などの不正な行為をすること。「涜職(とくしょく)」の言い換え語。(出典:デジタル大辞泉)

涜職とくしょく
意味:職をけがすこと。特に公務員が私利私欲のために職責をけがすこと。「汚職」で言い換える。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました