賃貸とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

賃貸

「賃貸契約」などのように使う「賃貸」という言葉。

「賃貸」は、音読みで「ちんたい」と読みます。

「賃貸」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「賃貸」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

賃貸の意味

「賃貸」には次の意味があります。

賃料を取り、物を相手方に貸すこと。賃貸し。(出典:デジタル大辞泉)

「賃」は報酬、「貸」は貸すを意味しており、報酬をもらって人に何かを貸すということになります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ところが母は私の好意を無視して、賃貸住宅に住むと言い張るのです。
(出典:内田春菊『息子の唇』)

・一番ひまな連中は王の入御を見物するため露台を賃貸していた。
(出典:スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(上)』)

・政府の名目だけの賃貸料といえば、ふつう一ドルってことにきまっている。
(出典:ブラウン『天の光はすべて星』)

・上の方は賃貸マンションにする予定だったそうだし。
(出典:宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』)

賃貸契約の保証人にはいまだに親の印鑑が必要なところばかりだ。
(出典:長嶋有『パラレル』)

類語

賃貸し(ちんがし)
意味:料金をとって物を貸すこと。(出典:大辞林 第三版)

レンタル
意味:料金をとって、短期間貸すこと。(出典:大辞林 第三版)

リース
意味:機械や設備などの、賃貸。一般には長期のものをいう。(出典:デジタル大辞泉)

貸借(たいしゃく)
意味:貸すことと借りること。貸し借り。(出典:デジタル大辞泉)

下宿(げしゅく)
意味:部屋代、食費などを払って契約期間中他家で暮らすこと。また、その家や部屋。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました