謙虚とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

謙虚

「謙虚な男」などのように使う「謙虚」という言葉。

「謙虚」は、音読みで「けんきょ」と読みます。

「謙虚」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「謙虚」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

謙虚の意味

「謙虚」には次の意味があります。

控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

分かりやすく言うと「自分を偉いと思わず、控え目でいること」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼女はこと自分の作品に関することになると謙虚になった。
(出典:森村誠一『山の屍』)

・また占領国の人間として謙虚であろうという姿勢をとっている。
(出典:加藤典洋『敗戦後論』)

・自己の身体と精神とに対する自信は彼から謙虚さをうばったようだ。
(出典:カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』)

・前にもあなたにいいましたが、今あらためて謙虚な気持でくり返します。
(出典:メイスン/守屋陽一訳『矢の家』)

・このような謙虚な態度だからこそ、私には何度もお声がかかるのだ。
(出典:大久保ゆう『朝に想い、夜に省みる』)

スポンサーリンク

類語

遠慮勝ち(えんりょがち)
意味:言葉や態度が控えめであるさま。他人に気兼ねをして、思いどおりにしないことの多いさま。(出典:デジタル大辞泉)

腰が低い(こしがひく)
意味:他人に対してへりくだりの気持がある。(出典:精選版 日本国語大辞典)

慎ましやか(つつましやか)
意味:しとやかなさま。つつましいさま。(出典:デジタル大辞泉)

敬譲(けいじょう)
意味:相手をうやまって、自分がへりくだること。(出典:デジタル大辞泉)

遠慮(えんりょ)
意味:人に対して、言葉や行動を慎み控えること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました