調達とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

調達

「資材を調達する」などのように使う「調達」という言葉。

「調達」は、音読みで「ちょうたつ」と読みます。

「調達」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「調達」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

調達の意味

「調達」には次の意味があります。

・必要な金品などを取りそろえること。また、取りそろえて届けること。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネスの業務分野において、「調達」と同じように使われる言葉に「購買」があります。
ただし、「購買」はモノを買い付けることを意味する言葉で、「調達」は必要なモノを取り揃えて届けるまでを意味する言葉なので、意味が異なり、「調達」は「購買」を含んだ意味を持っています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・うちは今後、早急に二千八百億円の資本調達をしなければならんのです。
(出典:幸田真音『傷 邦銀崩壊(上)』)

・病院へのあらゆる必需品を調達するのは全部フロレンスの仕事であった。
(出典:宮本百合子『フロレンス・ナイチンゲールの生涯』)

・即ち、証券市場は資金調達の限界市場としての役割が強かったのである。
(出典:草野厚『証券恐慌――山一事件と日銀特融)

・この温泉宿に来るとすぐ、私のために、酒を特別に調達してくれているのだ。
(出典:豊島与志雄『憑きもの』)

・従って彼は自分の調達した金の価値について余り考えなかった。
(出典:夏目漱石『道草』)

類語

・捻出(ねんしゅつ)
意味:やりくりして、金銭・時間などをつくること。(出典:デジタル大辞泉)

・募る(つのる)
意味:広い範囲に呼びかけて集める。募集する。(出典:デジタル大辞泉)

・取得(しゅとく)
意味:手に入れること。ある資格・権利・物品などを自分のものとして得ること。(出典:デジタル大辞泉)

・確保(かくほ)
意味:確実に手に入れること。失わないように、しっかりと保つこと。(出典:デジタル大辞泉)

・都合(つごう)
意味:やりくりをすること。繰りあわせること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました