調教とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

調教

「ライオンを調教する」などのように使う「調教」という言葉。

「調教」は、音読みで「ちょうきょう」と読みます。

「調教」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「調教」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

調教の意味

「調教」には次の意味があります。

動物を目的に応じて訓練すること。(出典:デジタル大辞泉)

例えば、サーカスで演技できるように動物を訓練することなどが「調教」です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・やがて調教師のいうことならなんでも聞くまでに訓練された。
(出典:鹿島茂『オール・アバウト・セックス』)

・あの馬を調教することのできる者は自分のほかにはない。
(出典:駒田信二『中国妖姫伝』)

・朝の調教訓練を見に行くのだから、それは当然のことだった。
(出典:山口瞳『酒呑みの自己弁護』)

・すっかり調教されたのか、まるで軍隊のように、整然とならんで走る。
(出典:西野かつみ『かのこん 第12巻 ~ちずるメリーゴーラウンド!~』)

・静岡にある本社は自社ビルで、動物を調教するための広い敷地もある。
(出典:奥田英朗『空中ブランコ』)

スポンサーリンク

類語

・稽古(けいこ)
意味:芸能・武術・技術などを習うこと。また、練習。(出典:デジタル大辞泉)

・訓練(くんれん)
意味:あることを教え、継続的に練習させ、体得させること。(出典:デジタル大辞泉)

・教習(きょうしゅう)
意味:特別な知識・技術などを教えて習得させること。(出典:デジタル大辞泉)

・育成(いくせい)
意味:育てて大きくすること。育てあげること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・養成(ようせい)
意味:やしない育てること。教え導いて成長させること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました