誤植とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

誤植

「この本は誤植だらけで、刷り直しだ」などのように使う「誤植」という言葉。

「誤植」は、音読みで「ごしょく」と読みます。

「誤植」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「誤植」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

誤植の意味

「誤植」には次の意味があります。

・印刷物の中の文字や符号などの誤り。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「誤植」をわかりやすく言うと「ミスプリント」になります。似たような意味を持つ「誤字」や「誤記」が、単に文字の誤りを指すのに対して、「誤植」は印刷物の中の文字の誤りを指しているという違いがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・仕事なら当り前と思っている読者が多いだろうが、誤植は意外にあるものなのだ。
(出典:星新一『きまぐれフレンドシップ PART2』)

・先年、小説に万年青の鉢と書いたら、誤植されて、万年筆になっていた。
(出典:戸板康二『新々ちょっといい話』)

・一流新聞の誤植をさがす事に、生き甲斐を感じているような男もいる。
(出典:五木寛之『風に吹かれて』)

・これは誤植で作者の名前が情張になっていた。
(出典:松本清張『過ぎゆく日暦』)

誤植誤植のまま、誤りはあやまりのままで、永遠に残されてゆくのです。
(出典:高神覚昇『般若心経講義』)

類語

・誤字(ごじ)
意味:誤った形の字。正しくない文字。(出典:デジタル大辞泉)

・間違い(まちがい)
意味:真実と違うこと。(出典:デジタル大辞泉)

・不手際(ふてぎわ)
意味:物事の処置のしかたや結果がよくないこと。(出典:デジタル大辞泉)

・魯魚(ろぎょ)

意味:まちがいやすい文字。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・脱字(だつじ)
意味:あるべき文字が抜けていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました